酒井家庄内入部400年記念アマチュア無線局「8J7SS」

JARL鶴岡クラブでは、下記の通り酒井家庄内入部400年記念アマチュア無線局「8J7SS」をこの4月1日から開設運用します。

  
識別信号8J7SS(non JARL局、 SSの意は、庄内藩のS、酒井家のS)
運用主体JARL鶴岡クラブ (05-1-4)
後 援鶴岡市
酒井家庄内入部400年記念事業実行委員会
運用期間令和4年4月1日~令和4年10月31日まで
運用目的令和4年(2022年)は、徳川四天王筆頭の酒井忠次公を祖とする酒井家第3代酒井忠勝公が、元和8年(1622年)に初代庄内藩主として庄内鶴岡に入部して400年の節目を迎えました。
酒井家は江戸幕府による国替えが一度もなかった譜代大名です。
そして、鶴岡市は明治以降今日まで、旧藩主家(現在は第18代当主)がお住まいになっている全国的にも希有な地です。
JARL鶴岡クラブでは、この400年記念や鶴岡市を広くアピールする為に記念アマチュア無線局を開設運用します。
周波数等1.9MHz帯~430MHz帯 CW、SSB、FM、FT8等 最大50W
QSLカードJARL経由の1Way又はSASEダイレクトで発行します
運用形態JARL鶴岡クラブ員の持ち回り運用